インプラント治療なら銀座のインプラント専門医院 銀座トリニティデンタルクリニック


  • オンライン予約
  • オンライン・カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付


ベストイプラントHOME > ブログ > 昔のインプラント

インプラントの専門医 福島一隆のブログ

昔のインプラント  2011年03月17日

もし、自分の歯が抜けたらどうします?

多くの方は、歯の代わりになるものを入れようと考えるでしょう。それは、紀元前の人々も同じだったようです。アナトリア地方(スペイン?のあたりでしょうか)の紀元前の遺跡から、石のインプラントが発見されました。局所麻酔はあったのでしょうか?ちょっと痛そうですね。

また、紀元2世紀から3世紀の古代ローマ時代の人骨からは、鉄製のインプラントが見つかりました。やっぱり、怖いです、、、次は、5世紀のマヤ文明の遺跡です。こちらは、貝から作ったインプラントです。なんと、これはそこそこ成功したようです。といっても、しっかり噛む事ができたかは疑問ですが、長期間お口の中で存在したようです。

私たちは、昔と違い、局所麻酔を併用して、チタン製のインプラントによる治療しています。この治療方法はかなり確立したもので、このタイプとして最終形態かもしれません。これも、先人たちの弛まぬ努力と研究があってこそです。

感謝しましょう。          


コメント

投稿者

メール

コメント

URL




 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.est-imp.com/dbsys/trackback.php/00082

このリストは、次のエントリーを参照しています:
昔のインプラント:
 

 
Blog
ブログ
2011年03月の記事一覧
院長日記の記事一覧
カテゴリー
バックナンバー
最新コメント記事


6つのお約束

完全予約制で初回のカウンセリング・オペ・アフターメンテナンスまで院長福島が担当いたします。関われる患者様の人数が限られますが安心感と品質を優先しています。

格安インプラントが流行っている中で、事故も増えています。当院では、最高の材料と確かな技術により、高品質な治療を行っております。明瞭な料金体系で安心です。

1995年。東京医科歯科大学歯学部卒業。ハーバード大学、ニューヨーク大学などで世界各地でインプラントを学ぶスペシャリスト。インプラントセーフティマークも取得しています。ICOI(国際インプラント学会)の役員も務めます。

静脈内沈静法の麻酔を併用しておこないますので「寝ている間に治療が終わっている」という夢のような治療が可能です。インプラントや抜歯や歯を削る時など一部、多少の痛みが伴う治療も「完全無痛治療」が可能となっております。

他院で、インプラントを断られてしまった・・・。そんな患者様もよく、いらっしゃいます。世界レベルの治療を患者様のご希望やご都合、ご予算などからあなただけの治療プランを作成しますので、どんなお悩みもまずはご相談ください。

虫歯・歯周病治療・ホワイトニング、歯列矯正、インプラントなど、どんな治療も「お口元の美を意識したプランやメニューをご用意しております。これらの治療を組み合わせて行うこともできます。


インプラント専門の東京銀座の銀座トリニティデンタルクリニック ご案内図
地図を拡大する
クリニック情報 インプラント専門の
銀座トリニティデンタルクリニック
TEL 03-6280-6833
東京都中央区銀座6-9-7
近畿建物銀座ビル4F

銀座のインプラント治療専門の歯科医院