インプラント治療なら銀座のインプラント専門医院 銀座トリニティデンタルクリニック


  • オンライン予約
  • オンライン・カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付


インプラントの専門医 福島一隆のブログ

縫合糸  2012年01月25日

本日は、縫合糸のお話です。
縫合の事をドイツ語でNaht(ナート)と言います。
最近の医療業界での用語はほとんどが英語になってきていますが、
まだ時々ドイツ語での業界用語も存在します。

写真は当院で良く使用している縫合用の糸です。
審美的に重要な場所等には、6−0とうい細い糸を使います。
眼科領域でも使用する様なすごく細い物です!
歯茎の厚みがある部分や、強固に縫合した方がいい場合に使用するもの、
吸収糸と言って、中で溶ける糸もあります。

通常3-0,4-0...と数字が大きくなるにつれて糸は細くなります。
手術に糸は付き物ですが、糸の世界も複雑で用途や使用部位によって
使い分けています。

インプラントが入った後も快適に、過ごして頂けるように、
出来る限り傷跡が残らないよう、院長は常に考えながら診療してるんですよ。
それを読み取りながら、半歩先を行ける様なアシスタントが出来ると
歯科衛生士冥利に尽きるところです。

まだまだ修行の道は遠いのですが・・・日々是勉強デス。

【記】歯科衛生士:安田


コメント

投稿者

メール

コメント

URL




 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.est-imp.com/dbsys/trackback.php/00126

このリストは、次のエントリーを参照しています:
縫合糸:
 

 
Blog
ブログ
2012年01月の記事一覧
衛生士の日記の記事一覧
カテゴリー
バックナンバー
最新コメント記事


6つのお約束

完全予約制で初回のカウンセリング・オペ・アフターメンテナンスまで院長福島が担当いたします。関われる患者様の人数が限られますが安心感と品質を優先しています。

格安インプラントが流行っている中で、事故も増えています。当院では、最高の材料と確かな技術により、高品質な治療を行っております。明瞭な料金体系で安心です。

1995年。東京医科歯科大学歯学部卒業。ハーバード大学、ニューヨーク大学などで世界各地でインプラントを学ぶスペシャリスト。インプラントセーフティマークも取得しています。ICOI(国際インプラント学会)の役員も務めます。

静脈内沈静法の麻酔を併用しておこないますので「寝ている間に治療が終わっている」という夢のような治療が可能です。インプラントや抜歯や歯を削る時など一部、多少の痛みが伴う治療も「完全無痛治療」が可能となっております。

他院で、インプラントを断られてしまった・・・。そんな患者様もよく、いらっしゃいます。世界レベルの治療を患者様のご希望やご都合、ご予算などからあなただけの治療プランを作成しますので、どんなお悩みもまずはご相談ください。

虫歯・歯周病治療・ホワイトニング、歯列矯正、インプラントなど、どんな治療も「お口元の美を意識したプランやメニューをご用意しております。これらの治療を組み合わせて行うこともできます。


インプラント専門の東京銀座の銀座トリニティデンタルクリニック ご案内図
地図を拡大する
クリニック情報 インプラント専門の
銀座トリニティデンタルクリニック
TEL 03-6280-6833
東京都中央区銀座6-9-7
近畿建物銀座ビル4F

銀座のインプラント治療専門の歯科医院