インプラント治療なら銀座のインプラント専門医院 銀座トリニティデンタルクリニック


  • オンライン予約
  • オンライン・カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付


ベストイプラントHOME > インプラント治療費

奥歯(下顎)の症例


奥歯(下顎)に歯が3本以上ない場合のインプラント症例1

右下の部分入れ歯をよく噛めるようにしたい。
Data
50代 女性
インプラント治療
コメント
2本のインプラントによって、右側で噛めるようになった時点で、奥歯を抜歯して、2ヶ月後にインプラントの手術を行いました。被せた歯は、審美性と予防歯科的見地からジルコニアによるオールセラミッククラウンを選択しています。


右下の奥に、2本の歯がない部分と一番奥に歯周病が進んでしまった奥歯がありました。治療計画は、奥歯を最初に抜歯してしまうと、右側で全く噛めなくなってしまうので、まず、歯がない部分に2本のインプラント治療を行ってから、奥歯を抜歯し、その部位にもインプラント治療を行うという2段階に分けました。
また、煙草を吸っている方なので、骨造成などの治療はなるべく避けて、シンプルな1回法の手術で、なおかつインプラントも骨と通常より早い期間で結合する特別なものを選択しました。
この2本のインプラントによって、右側で噛めるようになった時点で、奥歯を抜歯して、2ヶ月後にインプラントの手術を行いました。
被せた歯は、審美性と予防歯科的見地からジルコニアによるオールセラミッククラウンを選択しています。

奥歯(下顎)に歯が3本以上ない場合のインプラント症例写真

奥歯(下顎)に歯が3本以上ない場合のインプラント症例写真
奥歯(下顎)に歯が3本以上ない場合のインプラント症例写真

初診時:レントゲンからは、右下の奥歯が2本ないことと、残っている一番奥の歯の歯根の真ん中の部分が歯周病で骨が溶けてしまったために、レントゲン上で黒く見えることがわかります。この部分に歯周病が進行してしまうと抜歯を選択しなくてはなりません。この部位に、3本のインプラント治療を行う予定です。左上の奥歯はさらに歯周病が進行し、歯根のまわりの骨が全体的に無くなってしまったのがわかります。

 

  上の歯ですが、左上の奥歯は既に抜歯済みです。

 

右下には、小さめの部分入れ歯が入っています。

入れ歯を外した状態ですが、インプラント治療に適する骨幅がありそうです。

 

  横から見たところですが、入れ歯が強く当たっていたこともあり、顎堤は真ん中が凹んだ湾曲の形態になっています。インプラントを入れる時に平坦にする必要があります。まず、この欠損部に2本のインプラント治療を行い、その後、奥歯を抜歯して、そこに1本のインプラントを追加埋入します。その利点は奥歯があることにより、上と下の噛み合わせが大きく狂わないということです。仮に、奥歯が全部無くなってしまうと噛み合わせがかなり狂ってしまいますし、食べものも全然咬めなくなってしまいます。

 

義歯を外してから1ヶ月ですが、欠損部の軟組織の形態は改善してきました。奥歯は、仮歯にして可能な範囲で歯石除去を行い、インプラントの1次オペ(埋入)の時の細菌感染のリスクを減らします。

 

  1次オペ:骨の幅が確保できるように、骨整形を行い、インプラントを2本毎入しました。

 

  紫色の挿入ジグを外し、高さがあるヒーリングキャップをセットしました。その周囲に固い角化歯肉を三日月状に成形し、縫合しました。

 

  1次オペの時、インプラントの周囲に固い角化歯肉が取り巻くように縫合したので、うすピンク色の丈夫な歯肉が確保できました。また、インプラントの上部構造は、ジルコニアにより補強したオールセラミッククラウンで製作しました。メタルが一切見えない審美的な治療法です。また、ジルコニアとセラミックは両方とも、メタルに比べて、プラーク(歯垢)がつきにくいので、衛生面でも有利です。

 

  オールセラミックのクラウンの内側には、外す時、引っ掛けるために使うノブという小さい突起物がついていますが、気になる場合は、削ってつるつるに研磨することができます。

 

  インプラントが植立されましたが、その後方に骨欠損が存在しましたので、GBRによる骨造成も行いました。

 

  アバットメントです。

 

3本のオールセラミッククラウンです。自然な形態、色調が再現されています。

インプラント周囲には、固くて丈夫な歯肉が獲得されています。

 

  右下のインプラント治療のあとは、正面からみても入れ歯を固定していた金具はなくなり、審美的な結果が得られています。

 

下の歯の状態です。反対側のブリッジに比べても機能的な形態が付与されています。

煙草を吸っている方ですが、インプラント周囲の骨は安定しています。

 

Case Report
症状で見るインプラント
前歯の症例
奥歯(上顎)の症例
奥歯(下顎)の症例
全顎的な欠損の症例
骨量不足の症例
ブリッジを固定する治療
義歯/入れ歯を固定する治療
歯周病の場合の治療
ミニインプラントによる即日治療
セラミッククラウンを固定する治療
アンカーにした矯正
CT応用による(光造形3次元モデル)治療
審美治療 ブリッジとの比較
差し歯の比較
抜歯と同時の即時治療
治療の流れ
失敗例
手術時の即時負荷
より安全で安心なインプラント治療のために はじめての方へ
インプラントの専門医 福島一隆Blog


6つのお約束

完全予約制で初回のカウンセリング・オペ・アフターメンテナンスまで院長福島が担当いたします。関われる患者様の人数が限られますが安心感と品質を優先しています。

格安インプラントが流行っている中で、事故も増えています。当院では、最高の材料と確かな技術により、高品質な治療を行っております。明瞭な料金体系で安心です。

1995年。東京医科歯科大学歯学部卒業。ハーバード大学、ニューヨーク大学などで世界各地でインプラントを学ぶスペシャリスト。インプラントセーフティマークも取得しています。ICOI(国際インプラント学会)の役員も務めます。

静脈内沈静法の麻酔を併用しておこないますので「寝ている間に治療が終わっている」という夢のような治療が可能です。インプラントや抜歯や歯を削る時など一部、多少の痛みが伴う治療も「完全無痛治療」が可能となっております。

他院で、インプラントを断られてしまった・・・。そんな患者様もよく、いらっしゃいます。世界レベルの治療を患者様のご希望やご都合、ご予算などからあなただけの治療プランを作成しますので、どんなお悩みもまずはご相談ください。

虫歯・歯周病治療・ホワイトニング、歯列矯正、インプラントなど、どんな治療も「お口元の美を意識したプランやメニューをご用意しております。これらの治療を組み合わせて行うこともできます。


インプラント専門の東京銀座の銀座トリニティデンタルクリニック ご案内図
地図を拡大する
クリニック情報 インプラント専門の
銀座トリニティデンタルクリニック
TEL 03-6280-6833
東京都中央区銀座6-9-7
近畿建物銀座ビル4F

銀座のインプラント治療専門の歯科医院