インプラント治療なら銀座のインプラント専門医院 銀座トリニティデンタルクリニック


  • オンライン予約
  • オンライン・カウンセリング
03-6280-6833
土日・祝日も受付


ベストイプラントHOME > インプラント用語集 > ソケットプリザベーション

ソケットプリザベーション
(そけっとぷりざべーしょん)


歯は、元来顎の骨の中に埋まっていますので、抜歯すると、歯があったところが、穴になります。この穴を抜歯窩、またはソケットと呼びます。抜歯窩の周囲の骨(歯槽骨)は発生学的には、歯を支えるための歯周組織であるために、一度、歯が無くなくなってしまうと、その骨は存在する意味がなくなるために、時間の経過ともに、急速に吸収が進み、6ヶ月後には半分ぐらいの大きさになってしまいます。それに伴い歯肉も退縮します。

その時点から、インプラント治療を開始すると、骨造成がかなりの割合で必要になるために、抜歯後の骨吸収を防止する目的で行う処置をソケットプリザベーションと呼びます。


ソケットプリザベーションの手順

1)残せなくなった歯を丁寧に抜歯し、抜歯窩をきれいに掻爬します。この時に、急性炎症がないことが前提です。

2)抜歯窩の皮質骨にデコルチケーションを行い、骨充填材で抜歯窩を充たします。

3)吸収性のコラーゲン膜、e-PTFE(expanded Polytetrafluorethylene)、遊離歯肉、有茎弁歯肉で抜歯窩を閉鎖します。吸収性膜を抜歯窩の中の頬側に置く方法もあります。

4)術者によって差がありますが、4〜9ヶ月後に、抜歯窩が固い骨で満たされますので、その段階でインプラントの埋入手術を行います。

この術式の有効性には、統一した見解はなく、賛否両論が存在します。ですが、少なくとも歯肉の減少(退縮)は防げるようです。
また、骨充填材、メンブレンの選択に関しても同様に、意見が分かれています。




関連用語


Words
用語集


6つのお約束

完全予約制で初回のカウンセリング・オペ・アフターメンテナンスまで院長福島が担当いたします。関われる患者様の人数が限られますが安心感と品質を優先しています。

格安インプラントが流行っている中で、事故も増えています。当院では、最高の材料と確かな技術により、高品質な治療を行っております。明瞭な料金体系で安心です。

1995年。東京医科歯科大学歯学部卒業。ハーバード大学、ニューヨーク大学などで世界各地でインプラントを学ぶスペシャリスト。インプラントセーフティマークも取得しています。ICOI(国際インプラント学会)の役員も務めます。

静脈内沈静法の麻酔を併用しておこないますので「寝ている間に治療が終わっている」という夢のような治療が可能です。インプラントや抜歯や歯を削る時など一部、多少の痛みが伴う治療も「完全無痛治療」が可能となっております。

他院で、インプラントを断られてしまった・・・。そんな患者様もよく、いらっしゃいます。世界レベルの治療を患者様のご希望やご都合、ご予算などからあなただけの治療プランを作成しますので、どんなお悩みもまずはご相談ください。

虫歯・歯周病治療・ホワイトニング、歯列矯正、インプラントなど、どんな治療も「お口元の美を意識したプランやメニューをご用意しております。これらの治療を組み合わせて行うこともできます。


インプラント専門の東京銀座の銀座トリニティデンタルクリニック ご案内図
地図を拡大する
クリニック情報 インプラント専門の
銀座トリニティデンタルクリニック
TEL 03-6280-6833
東京都中央区銀座6-9-7
近畿建物銀座ビル4F

銀座のインプラント治療専門の歯科医院